CASA HILS/Costa Casa

インテリアTOP > マットレス(Mattress) > 機能性から選ぶ

マットレスを機能性から選ぶ

ローベッドをサイズから選ぶ
ベッド選びで大事なことは、実際に横になるマットレス・ベッドの寝心地。
カーサヒルズではベッドフレームは勿論ですが、マットレス部分にもこだわっていただきたいと考えております。
人生の3分の1と言われる大切な眠りの時間のために、自分の体に合った理想のマットレスを見つけましょう。
まずはマットレスの種類とその特徴をおさえておきましょう。

 

マットレス内部は、3つのパーツに大きく分けられます。
マットレスは大きく分けて、内部構造、詰め物、側生地(外側を覆う布地)の3つで構成されています。
その中でマットレスの基本性能となるのが内部構造。内部構造とは、スプリングなどの中心部分を指します。
当店では、ポケットコイルマットレスとノンコイルマットレスをご用意しております。

 

■ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、身体を点で支えるところが特徴です。コイルは独立型のため腰や頭など重い場所だけピンポイントで沈み込み、身体に負担をかけません。

身体のラインに沿って沈み込むので、包み込まれるようなフィット感を得たい方にはポケットコイルタイプが最適。リラックスした自然な状態で眠ることができますよ。個々の独立したコイルのおかげで振動も伝わりにくいため、2人で使用する場合にもおすすめです。


ポケットコイルマットレス

CASA HILS(カーサヒルズ)では国内のマットレス専門工場との共同開発で最新の設備と職人の力を集結し、その思いをカタチにしました。一貫して日本国内で製造することにより常にハイクオリティな品質管理のもと、日本人の体と環境を考慮して作り上げられた「より快適で良質なマットレス」をCASA HILS(カーサヒルズ)より自信を持ってお届けいたします。

自分に合った、硬さのベッドマットレスを選ぶということが重要です。当店では3TYPEのポケットコイルマットレスをご用意いたしております。


ポケットコイルマットレスを購入する >>



 

■ノンコイルマットレス(高反発)

押すと勢いよく元に戻るタイプ。
高い反発力で寝返りがしやすいことが特長です。
その名の通り、コイル(針金のバネ)が入っていないマットレスのこと。ヨーロッパではよく使われていて、日本でも注目されはじめています。適度に弾力のある高反発マットレスは、自然な姿勢で眠れるタイプ。最も体重のかかる腰回りが沈み込み過ぎないため寝返りも打ちやすく、不自然な姿勢になることもありません。硬めの寝具を好む人にはもちろんのこと、仰向き寝が中心の人、体重のある人や腰痛にお悩みの人にも高反発マットレスが◎。



ポケットコイルマットレス中材に、3つの異なる物を使用し、硬さの異なるハード、ソフトがあるライトウェーブ、そして無膜ウレタンフォームを使用し寝心地を変えれる様になっています。組み合わせ次第で硬いマットレスにも柔らかいマットレスにも、自由に組み替えられます。
  • 無膜ウレタンフォーム:通気性・通水性に優れた無膜ウレタンフォームを使用。表面に凹凸のあるプロファイル加工を施すことで、 横になった時に身体とマットのすき間がなくなり、より自然な体圧分散効果が期待できます。

  • LITEWAVEソフト:ポリエチレン製の3次元網状構造体である、ライトウェーブを従来より可能な限り柔らかく仕上げました。 無数の樹脂スプリング状の構造体が強い反発力を有しているため、睡眠中の身体の沈み込みをおさえて最良な寝姿勢を保ちます。

  • LITEWAVEハード:ポリエチレン製の3次元網状構造体である、ライトウェーブの中でも最も硬い仕上り。しっかりとした体格の方や柔らかすぎる マットレスで身体が疲れやすい方におススメです。しっかりとした反発力があり、今まで以上に身体を持ち上げる効果があります。

ポケットコイルマットレス

蒸し暑い梅雨の時期や寒く冷え込んだ冬など、四季のある日本ではその時々で快適な寝具というものは違うもの。アスリートリバーシブルマットレスは、表裏で特徴のある生地を使い分けることで快適な眠りを実現します。


ノンコイルマットレスを購入する >>

 

 

ベッドフレームとのセットもございます

Zen(ゼン) Vila(ヴィラ) FORM(フォルム)
Coastal(コースタル) ALLEY(アリー) REO(リオ)
LIZ(リズ) REGNA(レグナ) FOREST(フォレスト)