ローベッドについて

一人暮らしにおすすめのローベッド5選!メリットや選び方も解説

一人暮らしにおすすめのローベッド5選!メリットや選び方も解説

「一人暮らし用の部屋にはどんなベッドがぴったりなのかわからない」「一人暮らしの部屋にローベッドを置きたいけど、どんな基準で選べば良いのかわからない」と悩まれている方向けに、一人暮らしの部屋にローベッドを置くメリットや選び方、おすすめのローベッドを紹介していきます。

一人暮らしにローベッドが人気の理由

一人暮らしを始める際、家賃の関係でワンルームなどあまり広くない間取りの部屋を選ぶ人は多くいます。ここでは、一人暮らしの部屋に置くベッドとしてローベッドをおすすめする理由をみていきましょう。


シンプルなデザインでどんな部屋にもマッチする

シンプルなデザインでどんな部屋にもマッチする

ローベッドのデザインは、どんな部屋にもマッチします。たとえば「一人暮らしの部屋が和室しかないけど、ベッドを置きたい」という場合でも、高さの低いローベッドであれば雰囲気を壊さないインテリアを実現できるでしょう。

背が低いので部屋が広く見える

背が低いので部屋が広く見える

一般的に、ローベッドは高さが20cm以下のものが多く、通常のベッド(大体高さ40cm)の半分程度の高さとなります。ベッドの高さが低いことにより天井との空間が広く取れるため、部屋に置いても圧迫感を感じにくく、コンパクトな部屋でも開放感のある空間に見せることが可能です。

また、元々布団を利用していて「天井が高くないと落ち着かないけれど、布団を毎回片づけるのも面倒(または、布団を仕舞えるスペースがない)」という方にも、布団とベッド両方の良い部分を兼ね備えたローベッドはとてもおすすめになります。

初期費用を抑えられる場合もある

初期費用を抑えられる場合もある

初めて一人暮らしを始める場合、家賃や引っ越し費用などで出費が多くなってしまうため、家具はできるだけ前に使っていたものを利用しながら余裕ができた時に少しずつ買い足そうと考えている方もいるかもしれません。

ローベッドの形状によっては、布団が使えるタイプのローベッドもあります。一人暮らしになる前に使っていた布団をそのまま使って初期費用を抑えたい場合には、一人用の布団を利用できるフラット型やステージ型のローベッドを選ぶのがおすすめです。


一人暮らしの部屋に合うローベッドの選び方

一人暮らしの部屋に合うローベッドの選び方

一人暮らしの部屋に合うローベッド選びは「ベッドのサイズ」「ベッドのフレーム」の2点に注目。ここでは、一人暮らし用にローベッドを買う場合に確認しておきたいポイントを詳しく紹介します。

ベッドのサイズについて

一人暮らしの部屋にベッドを置く場合には、限りあるスペースの中で圧迫感が少ないものを選びたいところです。元々圧迫感の少ないローベッドであれば、一人暮らし用におすすめのシングルサイズか、少しゆったりとしたサイズ感のセミダブル程度の大きさを選ぶと良いでしょう。

一人暮らしの部屋がワンルームではなく寝室専用の部屋を確保できる場合で、来客などが多く2人で寝る機会が多かったり、一人でも広々とした就寝スペースが欲しかったりする場合はダブルベッドを選ぶという選択肢もあります。

ベッドサイズ 特徴
シングル おすすめのサイズ 幅97×長さ195cm程度
セミダブル ゆったりスペースを取りたい方向け 幅120cm×長さ195cm程度
ダブル 広々とスペースを取りたい方や2人で寝る機会も多い方向け 幅140cm×長さ195cm程度

ベッドのフレームについて

ローベッドのフレームは主に3つのタイプに分ける事ができます。

床板の種類

ステージ型

ステージ状のフレームの上にマットレスを乗せるという構造のベッドフレームのこと。ベッドフレームの上にマットレスを置くため、ローベッドであっても床からの距離ができ、床の埃などが気になりにくいメリットがあります。デザイン性にも富んでいるため、一人暮らしの部屋をオシャレな空間にしたい場合に向いています。

囲み型

床に直接床板(一枚板やすのこ)を敷き、その上にマットレスを乗せ、さらにその周りをフレームで囲う構造になっているベッドフレームのことで、フロアベッドとも呼ばれるタイプです。マットレスがずれにくいメリットがあります。ローベッドの中では一番低い構造となりマットレスが床に近いため、布団に寝るような感覚の寝心地です。

フラット型

フレームと床板が一体化しているタイプのベッドフレームのこと。こちらもステージ型と同じでマットレスの位置は高めになるため、床の埃などが気になりにくいのも特徴です。ベッドメイキングが簡単にできるのもフラット型のメリットのひとつと言えるでしょう。また、マットレスではなく敷き布団を使いたい場合にはフラットタイプのローベッドがおすすめです。

ベッドのヘッドボードについて

ヘッドボードは、ベッドの頭の部分についている板の部分のことです。一人暮らし用のベッドを選ぶ時には、ヘッドボードの機能やデザイン性も気になるところです。

棚付きタイプ

ヘッドボードがただの板になっているのではなく、ライトやコンセントなどがついているタイプのものです。こういったタイプのものは、ヘッドボードにスマホなどの小物を置けるスペースがあるものが多く、一人暮らし用の部屋でベッドサイドテーブルを置く余裕のない場合にも重宝するでしょう。

ヘッドレスタイプ

ヘッドボードのないタイプのベッドです。見た目がよりコンパクトになるだけではなく、配置がしやすいデザインのためどんな部屋でも置きやすいのが特徴です。ベッドのある部屋を開放的な空間にしたい場合は、特におすすめのタイプとなります。

ベッド回りに小物を置けないというデメリットはあるものの、シンプルな構造であるため価格帯も落ち着いているものが多く、他のデザインよりも埃が溜まりにくい等、メリットは大きいと言えます。


一人暮らしにおすすめのローベッド5選

CASA HILSで実際にお取り扱いのある商品の中から、実際に一人暮らしにおすすめのローベッドとその魅力を紹介します。

ZEN(ゼン)ローベッド

ZEN(ゼン)ローベッドは、人気の北欧スタイルと日本に合ったテイストを融合させたシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴のローベッドです。ベッドフレームより1サイズ下のサイズのマットレスを選び、ベッドフレームの両端(両サイド10cmずつ)をサイドテーブルのように使うスタイルも人気です。ステージ型ならではのデザイン性の高さは、一人暮らしの部屋をお気に入りの空間にしたい!と考えている方にぴったり。木製で和のテイストも取り入れたベッドのため、和室や畳の上で使いたい場合も雰囲気を壊しません。

また、お部屋に合わせてヘッドボードの高さ調整や脚の取り外しが可能。カラーはWalnut、NaturalAsh、Grege、DarkOakの4種類からお選びいただけます。

ZEN(ゼン)ローベッドZEN(ゼン)ローベッドのサイズ展開・価格(税込)は以下の通りです。
サイズ 価格(税込)
セミダブル(W1200×D2140xH548/690)mm 59,800円
ダブル(W1400×D2140xH548/690)mm 62,800円

REO(リオ)ローベッド

REO(リオ)ローベッドは丸みを帯びた柔らかなフォルムが特徴のローベッドです。こちらもステージ型のフレームとなっており、他のローベッドに比べて組み立てが簡単であるため引っ越しの多い方にもおすすめです。ヘッドボードには省エネタイプのLED照明とコンセント、小物を置ける棚が付いており、機能性も十分。限りあるスペースを有効活用する必要のある一人暮らしのお部屋にもぴったりです

カラーは上品で存在感のあるBrownと清楚で気品のあるGregeの2色からお選び頂けます。

REO(リオ)ローベッドREO(リオ)ローベッドのサイズ展開・価格(税込)は以下の通りです。
サイズ 価格(税込)
シングル(W1015×D2225xH600)mm 62,800円
セミダブル(W1245×D2225xH600)mm 68,000円
ダブル(W1575×D2225xH600)mm 82,000円

FOREST(フォレスト)ローベッド

FOREST(フォレスト)ローベッドは天然アカシア無垢集成材を贅沢に使用しているステージ型のローベッドです。無垢集成材ならではの濃淡や節が楽しめる個性的なデザインなので、インテリアをナチュラル系に統一したい方や北欧インテリアが好きな方におすすめです。ヘッドボードにはコンセントが付いており、実用的なところも一人暮らしのお部屋には嬉しいポイント。

また、FOREST(フォレスト)ローベッドはマットレスの厚みに合わせて5cm間隔の3段階(16cm・21cm・26cm)で高さを変えることができます。カラーは自然を感じられるNoldic Colorの1色となっております。

FOREST(フォレスト)ローベッドFOREST(フォレスト)ローベッドのサイズ展開・価格(税込)は以下の通りです。
サイズ 価格(税込)
シングル(W1000×D2141xH663)mm 88,000円
セミダブル(W1200×D2141xH663)mm 96,800円
ダブル(W1400×D2141xH663)mm 120,800円

Coastal(コースタル)ローベッド

Coastal(コースタル)ローベッドは、「シーサイドのインテリア」をコンセプトにデザインされた西海岸スタイルのローベッド。オールドパイン材をリサイクルウッドとして活用したヴィンテージ風の仕上がりが特徴で、使い込んだアンティーク家具のような仕上がりが人気のシリーズです。通気性も重視されたデザインなので、カビの心配もあまりいらないタイプなのがポイント。こちらもヘッドボードにはコンセントが付いているので、スマホの充電にも困りません。

同梱の六角レンチで板を留めるだけの簡単組み立て仕様なので、一人暮らしで引っ越しの多い方にもおすすめです。カラーはCoastalとSwedishBarnの2色からお選び頂けます。

Coastal(コースタル)ローベッドCoastal(コースタル)ローベッドのサイズ展開・価格(税込)は以下の通りです。
サイズ 価格(税込)
セミダブル(W1230×D2170×H585)mm 79,800円
ダブル(W1430×D2170×H585)mm 85,800円

Villa(ヴィラ)ローベッド

アジアのビーチリゾートホテルにあるベッドをイメージしたという洗練されたデザインの「Villa(ヴィラ)ローベッド」。重厚感のあるベッドですが、頑丈なすのこを使用しているため通気性にも優れています。

圧迫感のないロータイプのヘッドボードを採用しているため、ローベッドの中でもより開放感のあるデザインとなっています。ステージ型のフレームであるため、マットレスではなく布団の利用も可能です。

Villa(ヴィラ)ローベッドVilla(ヴィラ)ローベッドのサイズ展開・価格(税込)は以下の通りです。
サイズ 価格(税込)
セミダブル(W1420×D2270×H435)mm 79,800円
ダブル(W1620×D2270×H435)mm 85,800円

LOW BED
カーサヒルズのローベッド

カーサヒルズのローベッド

カーサヒルズのローベッドは種類が豊富

カーサヒルズのローベッドは、スタイル別に種類を設けておりますので、豊富な選択肢が魅力的です。スタンダードなZENのローベッドはどんなお部屋にも合い、根強い人気です。
また、北欧デザインのFORMは、モデルハウスやおしゃれな宿泊施設など法人様への導入実績も豊富です。アジアンテイストのVillaは、ラグジュアリー感やワンランク上の非日常をご自宅に取り入れられたいお客様から高い支持を得ております。
また、無垢材を使用したコースタルローベッドは、ラフなテイストで、自然素材派、ロハステイストのおしゃれな空間を好まれるお客様に圧倒的な人気を誇っております。
このように、当社のローベッドは、スタイル別にお選びいただけることでもお客様から好評を得ております。

RANKING
ランキング

LOW BEDローベッドランキング

現在登録されている商品はありません。

SHOPPING GUIDE
お買い物ガイド

PC用のフローティングバナースマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナースマホ用のフローティングバナー